看護師ミカ こんにちは、現役看護師のミカです。

今回は、『女性のカンジダが治らない原因はストレスや性行為?抗生物質も?』というタイトルでお送りします。


女性のカンジダ症と言えば、膣カンジダ症です。

その膣カンジダ症が治らない原因は色々なことが考えられますね。

カンジダというのは、カンジダ菌という真菌で、カビの一種です。

カンジダ菌を顕微鏡下で見るとこんな感じです↓

カンジダ菌の顕微鏡写真

特に強い病原性があるわけではないですが、増殖しすぎると色々な悪さをする菌です。

そんなカンジダ症が治らない原因について説明していきたいと思います。



スポンサーリンク

 

女性のカンジダが治らない原因はストレス?性行為?

女性の膣カンジダ症が治らない原因を説明する前に、なぜ膣カンジダ症になるのか?を説明しておきたいと思います。

カンジダ菌というのは、もともと女性の膣内や口の中、そして腸管などの存在する常在菌です。

免疫力も十分ある健康な人であれば、カンジダ症の症状が現れることはありません。

しかし、病気やストレスなどで免疫力が低下している場合は、常在菌のバランスが崩れて、カンジダ菌が増殖しやすい環境となり、カンジダ症を発症しやすくなります。

病気やストレスなどで免疫力が低下

カンジダ症がなかなか治らないのは、やはり免疫力が低下していることが、とても大きく関わってきます。

ですので、女性のカンジダはストレスが原因でなかなか治らないことは大いにあります。
 

次に性行為が膣カンジダ症が治らない原因となるのか?、についてです。

女性が膣カンジダ症になっているとすれば、基本的には性行為は控えていると思います。

それでも、性行為を繰り返して行っているとしたら、それは膣カンジダ症が治らない原因となるでしょう。

男性の場合、カンジダ菌がうつっても自覚症状があまりないと言われています。

そんな中、性行為をしてしまうと男性から女性に知らない間にうつしていることも考えられます。

膣カンジダ症が治らない原因となる性行為

そうすると、お互いがうつし合って、なかなか治らない原因になってしまいます。

そして、一旦は女性の膣カンジダ症が治っていたのに、性行為後にまた再発したとしたら、性行為が原因として考えられるでしょう。

男性の性器にカンジダ菌が存在していたとすれば、女性にうつる可能性は十分あります。

そうして、カンジダ症がなかなか治らないという状況に陥ってしまうことはあります。
 

では、女性のカンジダが治らない原因として抗生物質も関係しているのでしょうか?
 

検査

女性のカンジダが治らない原因は抗生物質の服用?

抗生物質の服用は、女性のカンジダが治らない原因になることがあります。

女性のカンジダが治らない原因になる抗生物質の服用

抗生物質というのは細菌に効果のあるお薬のことです。

病気の原因となる細菌を殺したり、増殖を抑えてくれる役割があります。

しかし、もし何らかの病気で抗生物質を服用しているとすれば、普段、膣内に常在菌として存在している菌も殺してしまいます。

そうすると、膣内の常在菌のバランスは保てなくなって、カンジダ菌が増殖していく可能性があります。

例えば、膣カンジダ症の治療をしていて治りかけているのに、抗生物質を服用してしまって、また悪化してしまうことは結構あるのです。

もし、膣カンジダ症の治療をしながらでも、他の何かしらの病気にかかってしまった場合は、受診した際カンジダ症の治療を受けていることは伝えておきましょう。

この場合は婦人科の先生でも、他の病気で診て貰っている先生でもどちらでも構いませんので、必ず相談するようにしましょう。

これまで、カンジダが治らない原因として、ストレスや性行為、そして抗生物質の服用について挙げてきましたが、他の原因はなにがあるのでしょうか?

女性のカンジダの原因には何がある?

女性のカンジダの原因には次のようなものがあります。
 

月経前や妊娠中、ピルを服用している

月経前や妊娠中またはピルを服用していると、黄体ホルモンが出ているので、その影響で膣内は酸性に傾いています。

この酸性の状態こそが、カンジダ菌が好む環境なのです。

ですので、カンジダ菌が増殖して、カンジダ症となる原因になります。
 

通気性の悪い下着やストッキングなど暖かくて蒸れてしまう環境

このような高温多湿の環境で、カンジダ菌はどんどん増殖します。
 

陰部を洗浄しすぎる

トイレに行くたびにビデなどで洗浄してしまうと、膣内の自浄作用を保ってくれている常在菌まで流してしまい、カンジダ菌が増殖してしまいます。
 

ステロイド剤の服用

ステロイド剤は免疫を抑制してしまいます。

そうすると、カンジダ菌にとっては免疫力が低下すれば菌が増殖しやすいので好都合となります。

このような原因で女性のカンジダが発症してしまうのです。

まとめ

今回は、女性のカンジダが治らない原因などについて説明してきました。

女性の膣カンジダ症は女性がかかりやすい病気のひとつです。

しかし、症状があってもなかなか受診する勇気が出ないかもしれません。

でも、我慢していても良くはならないですし、悪化を繰り返すと慢性化してしまうかもしれないので、早めの受診をおすすめします。