看護師ミカ こんにちは、現役看護師のミカです。

今回は、『薬の飲み方の疑問!水以外で服用すると効果が違う?胃の中では同じはず?』というタイトルでお送りします。


私たちは産まれてきて、今まで生きてきた中で必ず何回か、何かしらのお薬を飲んでいると思います。

特に乳幼児の間はよく熱も出しますし、感染性の病気にもかかったりします。

風邪薬ひとつとっても、今ではドラッグストアにはたくさんの種類のお薬が並んでいますね。

また、歳を重ねていくと今度は血圧のお薬やコレステロール値を下げるお薬などのお薬を飲む方も増えてきます。

そんな、お薬を飲むときに

「水以外で飲んでもいいのかな?」とか

「このジュースで飲んでしまっても大丈夫だろう、どうせ胃の中じゃ一緒だし」

などと思ったことはないでしょうか?

お薬ってなんで水で飲むほうがいいのか、そんな疑問を持っている人は意外に多いのではないかと思います。

今回は、薬を飲むとき水以外で服用すると効果が違うのか?胃の中では同じではないのか?などの薬の疑問について説明していきたいと思います。



スポンサーリンク

 

なぜ薬を服用するときは水が必要なのか?

薬を水以外で服用するときの効果の違いについて説明するまえに、なぜ薬を服用するときには水が必要なのかについて説明しましょう。

薬を服用する時には水かぬるま湯で

薬を服用するときには、「水」か「ぬるま湯」で飲むことが基本です。

なぜ薬を服用するときに水かぬるま湯が必要なのかというと、薬は水に溶けることで胃の中などでの吸収が良くなるからです。

内服薬の多くは、コップ1杯程度、200㏄くらいの水かぬるま湯と一緒に飲むことがいいとされています。

水を多く飲むことで、その水に薬が溶けだして胃や腸などに触れる薬の面積が大きくなるので吸収が促進されるのです。

薬の成分は、一口や二口程度の水で飲むより多めの水で飲むほうが速やかに身体に吸収されます。

また薬を服用するときに、水も用意せずに薬だけを飲む人がおられます。

これはとても危険な行為です。

なぜなら、錠剤やカプセルがもし喉や食道の粘膜などに貼りついた場合、それが刺激になって粘膜に刺激となり、出血や潰瘍を起こしてしまう可能性があるからです。

経験したことがある人もおられるかもしれませんが、カプセルなどではゼラチン性のものもあり、少し水分が触れただけでベタベタして喉などに引っ掛かりやすくなります。

ですので、薬を服用するときには、なるべく水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

では、薬を服用するときに水以外で服用すると効果が違うのかということについて説明していきましょう。


スポンサーリンク

薬を水以外で服用すると効果が違う?胃の中では同じはず?

薬を飲むときには、水かぬるま湯で飲むことが基本だと説明してきました。

でも、「水でなくてもお茶やジュースなどでも効果は変わらないのでは?」と思ってしまいますよね。

「胃の中に入れば、何で飲んでも同じはず…」

だと、つい思ってしまいますね。

でも、実は薬を飲むときは、何と一緒に飲むのかということがとても大切になってきます。

薬の種類によって違いますが、薬を水以外の飲み物で服用すると効果は全く変わってきます。

それは、薬には食べ物や飲み物との飲み合わせというものがあるからです。

薬の種類によっては、水以外の飲み物で飲むと薬の有効成分の作用を邪魔して効果が出なくなるものもあるのです。

では、どんな飲み物が薬の効果を邪魔したりするのか説明していきましょう。

アルコール飲料について

ビール

どんな薬を飲むときも絶対にお酒で飲まないようにしましょう。

睡眠導入剤やアレルギー症状を抑える薬と一緒に飲むと、薬の作用が強く出てしまって眠気や意識障害などを起こす可能性も出てきます。

カフェインが多く入っている飲み物について

コーヒー

カフェインの多い飲み物といえば、コーヒー、紅茶、そして緑茶などがあります。

一部の頭痛薬、風邪薬、鼻炎薬や咳止めの薬にはカフェインと同じ系統の成分が入っているため、飲み物にもカフェインが入っていると、過剰摂取になります。

カフェインを過剰摂取すると、震えや吐き気などといった症状が出ることがあり危険です。

もし、コーヒーや紅茶などを飲んでしまった場合には、できれば30分以上は時間を空けてから、水で飲むようにしてください。


スポンサーリンク

牛乳について

牛乳

牛乳には、カルシウムが多く含まれています。

一部の抗生物質や鉄剤などの薬には、その成分がカルシウムとくっついてしまい、効果が半減してしまうものがあるのです。

グレープフルーツジュースについて

グレープフルーツジュース

身体の中には、薬を分解する酵素があります。

ですが、グレープフルーツジュースはその酵素の作用を弱めてしまうのです。

すると、薬が身体の中で分解されるのに時間がかかり、薬の効果が強く出てしまうことがあります。

特に、次のような薬と一緒に飲まないようにしましょう。

  • 血圧を下げる薬
  • 抗血小板薬(血液をサラサラにする薬)
  • 抗生物質
  • 胃腸薬

などです。

薬の飲み方の疑問についてのまとめ

薬を飲むときに水以外で服用すると効果が違うのかについて説明してきました。

では、まとめてみましょう。

薬は水以外で服用すると効果が違う?
薬を飲むときに、水以外で服用すると効果が減ってしまったり、消されてしまうことがあります。
そして、特に注意が必要な飲み物は次のようなものがあります。

  • アルコール飲料
  • カフェインが多く入っている飲み物
  • 牛乳
  • グレープフルーツジュース

などです。

 

それぞれの注意が必要な飲み物について見ていくと、薬を服用するときにはやはり水かぬるま湯が一番適切だということになりますね。

もし、どうしても薬を飲むときに水やぬるま湯がない時には、これらの飲み物に注意して服用するようにしましょう。