看護師ミカ こんにちは、現役看護師のミカです。

今回は、『ヒトメタニューモウイルスに大人が感染した際の症状は?咳や発熱?その治療法も』というタイトルでお送りします。


ヒトメタニューモウイルスというウイルスをご存知でしょうか?

不顕性感染といって、感染していても症状が出ないままに感染に気付かずにいる人も多いウイルスなので、もしかして感染したことがあるかもしれませんね。

インフルエンザウイルスやノロウイルスのように知っている人も多くはないウイルスですが、今回はこのヒトメタニューモウイルスの大人の感染症について説明していきたいと思います。




 

ヒトメタニューモウイルスの感染症とは?

ヒトメタニューモウイルスが大人に感染した時の症状について説明する前に、このウイルスについて説明しておきたいと思います。

ヒトメタニューモウイルスというのは、2001年にオランダで乳幼児の呼吸器感染症から発見されたウイルスのことです。

多くの人が乳幼児期に感染をしていて、10歳以上のほとんどの人が抗体を持っていると言われています。

ヒトメタニューモウイルスは気管支炎や肺炎などの呼吸器の感染症を起こすウイルスで、乳幼児期である0~3歳に多く見られますが、大人にも感染します。

実は先日、私の身内の子供も、保育所で流行っていたヒトメタニューモウイルスに感染してしまい入院していました。

潜伏期間は3~5日で、くしゃみや咳によって感染する飛沫(ひまつ)感染と、ウイルスがついた手や鼻に触って感染する接触感染で拡がっていきます。

通常は軽い場合が多く、乳幼児の場合は咳や鼻水などの風邪によく似た症状で治っていきます。
 

では、このヒトメタニューモウイルスが大人に感染したら、どのような症状が出るのでしょうか?

ヒトメタニューモウイルスが大人に感染した際の症状は?咳や発熱も?

ヒトメタニューモウイルスが大人に感染した場合、次のような症状が現れます。

咳や鼻水の症状

咳や発熱も入っていますね。

・咳
・鼻水
・発熱
・喉の痛み

などの普通の風邪のような症状ですが、比較的これらの症状は軽くで済みます。

稀に下痢や嘔吐などの消化器症状が出ることもあります。

症状はおよそ1週間くらいで良くなっていきます。

ですが、大人の中でも高齢者の方や免疫の低下するような病気の方が感染してしまうと、気管支炎や肺炎などの重症の感染症になる可能性があります。

特に免疫力が低下していたり抵抗力のない高齢者にとっては、こうした咳や発熱などの症状はどれもかなり体力を奪いますので、すぐに脱水状態や呼吸困難の状態を引き起こします。

実際に、高齢者施設でのヒトメタニューモウイルス感染症の集団発生の事例は後を絶ちません。
 

↓事例の報告はこちらの記事で確認できます。

国立感染症研究所より「高齢者施設におけるニューモウイルス感染症集団発生疑い事例」
https://www.niid.go.jp/niid/ja/route/respiratory/1750-idsc/iasr-in/7740-454d02.html

 

ヒトメタニューモウイルスというのは感染しても、1回の感染では免疫が獲得できず、何回が繰り返して感染してしまいます。

しかし、感染を繰り返す中で徐々に免疫がついていき、症状が軽くなることがあります。

また、ヒトメタニューモウイルスはどんな季節でも感染しますが、特に毎年3月~6月は流行りやすいと言われています。

ただし、流行時期に関しては年度や地域によって異なるなど、まだまだ不明な点が多いウイルスだとされています。
 

では、ヒトメタニューモウイルス感染症の治療について説明していきたいと思います。
 



ヒトメタニューモウイルス感染症の治療法は?

ヒトメタニューモウイルスに感染した場合、その治療法は主に対症療法になります。

ヒトメタニューモウイルスに対する特効薬のようなお薬はありません。

対症療法というのは、例えば

・熱が高い時には…
熱を下げる解熱剤を使ったりして、なるべく安静にして体力の消耗を防ぐ

・咳や鼻水がひどい時には…
自分で咳を抑えることはできないので、ひどい時には鎮咳薬(ちんがいやく)といって咳を鎮めるお薬を処方してもらう。
また、部屋の加湿に努めたり、マスクをする。(乾燥している状態で咳をしていると、余計にのどを痛めます)
 

とにかく、水分を多めにとって安静にゆっくり休むことが大切になってきます。

もし、気管支炎や肺炎などで症状がひどくなれば、入院して治療を行うこともあります。

ヒトメタニューモウイルスに大人が感染した時の症状についてのまとめ

今回はヒトメタニューモウイルスというウイルスに感染した大人の症状について説明してきました。

では、まとめてみましょう。

ヒトメタニューモウイルスに大人が感染し際の症状は?
・咳
・鼻水
・発熱
・喉の痛み
普通の風邪のような症状で、大人の場合は比較的軽いと言われていますが、もし病気などで免疫力が低下していたり、抵抗力のない高齢者であると気管支炎や肺炎など重症になる可能性はあります。

 

ヒトメタニューモウイルスに感染した場合の治療法は?
特別な特効薬があるわけではなく、症状を和らげる対症療法になります。
ですので、もし症状が悪化して、気管支炎や肺炎などを発症してしまった場合には入院治療が必要になることもあります。

 

まだまだ発見されて日の浅いヒトメタニューモウイルスですが、保育所などでは春ごろになると流行ることが多いようです。

高齢者施設に入所されている人もそうですが、乳幼児の面倒をみている親御さんも何か症状があれば、早めに対応することができればと思います。

特効薬はなくても、ヒトメタニューモウイルスに感染していることがわかれば、なるべく感染拡大を抑えることもできますし、悪化しないようにゆっくり休む必要性もわかると思います。

症状があれば早めに受診するようにしましょう。