看護師ミカ こんにちは、現役看護師のミカです。

今回は、『水虫は寝る時に靴下(五本指ソックス)をはくべき?布団の殺菌はどうする?』というタイトルでお送りします。


あまり知られたくない過去ではありますが…私も過去に水虫になったことがあります。

女性でなくても、男性であってもあまり水虫になってしまったことは周りの人には言いたくないですよね。

水虫になってしまうと、かゆみや痛み、そのほか何かしら症状が出きてしまい本当に不快なものです。

今回は、水虫になってしまった際の寝る時の靴下について説明していきたいと思います。



スポンサーリンク

 

水虫は寝る時に靴下をはくべき?

寝る時には靴下をはく?

まず、どんなタイプの靴下にせよ、寝る時に靴下を履いても良いのか、それとも履くのは良くないのか、ということについてですが、これについてはやはり、「No」です。

水虫というのは、白癬菌(はくせんきん)というカビによって起こる感染症のことです。

ほとんどのカビは、高温多湿な環境を好みます。

もし、寝ている時に靴下をはいてしまっていると、足の中はムレムレでかえって白癬菌にとっては居心地が良くなります。

また、寝ている時まで靴下をはいていたら、24時間中足の換気ができないことになります。

寝ている時には、靴下をはかないで通気を良くして乾燥できるようにしてください。

 

では、寝る時の5本指ソックスはどうでしょうか?

寝ている時は5本指ソックスをはいたほうがいい?

寝る時は素足で

これまでに説明してきたように、寝ている時には足の通気を良くして乾燥した状態にしておきたいので、なるべく靴下ははかないことをおすすめします。

ということは、いくら5本指ソックスであっても、なるべく夜間など睡眠中ははかないほうがいいということです。

ですが、日中に通勤通学する際に裸足でそのまま靴をはくわけにいきません。

ましてや、会社勤めの方では、革靴をはく時などにはソックスは必需品ですよね。

男性が使うことの多い革靴というのは本当に通気性が悪くて蒸れやすいので菌が繁殖しやすいのですが、そんな時にこの5本指ソックスはとても重宝するわけです。

5本指ソックス

この「5本指ソックス」というのは、本当に良くできた製品だと思います。

靴下の中では、水虫のある患者さんには特におすすめしたい製品です。

皮膚の病気というのは、脇の下や指の股など皮膚と皮膚が重なる部分というのは湿度が高くて、皮膚面が擦れてしまうため、なにかトラブルがあるとなかなか治りにくいものなんです。

湿疹などができてしまうと、なかなか治らないですよね。

そこで、皮膚と皮膚を引き離すような5本指ソックスというのは、とても効果があると言われています。

実際、私の知人にもこの5本指ソックスをはくようになってから、水虫に感染しなくなったという人がいます。

日中にはく靴下として、5本指ソックスの使用はおすすめします。

そして、家に帰ってきた時にはお風呂に入って足を清潔にして、使用している薬を使ったらその後は乾燥した状態を保てるようになるべく裸足で過ごすようにしましょう。

冬など寒い時期などは足が冷えるのでヌクヌクの靴下は手放せないかもしれませんが、できればお布団の中に入ったら靴下は脱いで寝ましょう。

また、薬をつけた後で、それが歩いて床やカーペットに付くのがいやで靴下をはくという人もいると思います。

もし、どうしてもお布団に塗った薬がつくのがいやだと言われる場合に靴下をはくのであれば、普通の靴下よりも5本指ソックスを使用するほうが良いです。

お風呂に入って足が清潔になった後というのは、お薬が一番皮膚に浸透しやすいので、水虫の薬をつけるのに一番適した時です。

ですので、1日に1回薬を塗るのであればやはり入浴のあとが一番効果的です。そうすることで、白癬菌の繁殖しにくい足の環境をつくることができます。

 


スポンサーリンク

 

では、今度は寝ているお布団の殺菌は必要でしょうか?

布団の殺菌はどうする?

水虫の時お布団は殺菌する?

水虫といえば、白癬菌というカビが原因なので、寝ている間にそんな菌が繁殖しないようにお布団を殺菌してしまうほうがいいのではないか、と思われる方もいるかもしれません。

確かに、お布団の上にはその人の皮膚の皮膚の皮や垢などが落ちていて、その中に白癬菌が混入しています。

ですが、そんなお布団から白癬菌などの菌やカビをすべて除去してしまうといった殺菌をするというのは難しいです。

白癬菌は、洗濯などで水に簡単に流せて落とせますが、お布団などは毎日洗うわけにはいきませんよね。

殺菌という方法は難しいですが、人の皮や垢などをできるだけ除去するという意味では、布団用の掃除機などを使って毎日清潔を保つことも有効です。

最近では、お布団に住み着くダニやその死骸を吸い取るような優秀なクリーナーも多く出てきていますね。

それを使うと天日干しも要らないとも言われています。

もし、そのようなクリーナーがなかったとしても、天日干しや布団乾燥機を使ってお布団を乾燥させるのもいいでしょう。

水虫は寝る時に靴下をはくべきなのかについてのまとめ

今回は、水虫は寝る時に靴下(5本指ソックス)をはくべきなのかどうかについて説明してきました。

では、まとめてみましょう。

寝る時に靴下をはくべき?
水虫の原因である白癬菌は高温多湿の環境を好むカビの一種です。
寝ている間は靴下などによる足の蒸れるような環境を作らず、できれば素足で通気性を良くして乾燥した状態でいることが大切です。

 

5本指ソックスははいたほうが良い?
寝ている時に5本指ソックスを含む靴下をはくのはおすすめできませんが、通勤通学の時の靴下をはく際に5本指ソックスを使用することは効果的です。
皮膚同士がくっつくことで起こる湿疹などのトラブルも防げて、何より靴の中での蒸れを防ぐことができます。

 

お布団の殺菌はどうする?
白癬菌などのカビをすべて除去するような殺菌は難しいですが、白癬菌がついている人の皮や垢などを除去するために、布団クリーナーなどを使うことは効果的です。
また、天日干しや布団乾燥機などを使って、布団の清潔、乾燥をすることだけで効果があるのでおすすめです。

 

水虫になってしまうと、家の中でのケアについては本当に気を遣うと思います。

今の水虫の状態を改善させないといけないし、自分以外の家族にうつらないようにしないといけないし、そんな中で色々と疑問点も出てくると思います。

ですが、白癬菌はポイントをつかめばそれほど怖い菌ではありませんので、少しずつ知識を増やして早く治すよう対応していきましょう。